Dinosaur L / Go Bang #5 (US 12` Francois K Remix) 81 - Disco DJ AKI ブログ

Dinosaur L / Go Bang #5 (US 12` Francois K Remix) 81

1. Summary(概略)


卓越した演奏技術を誇る正統派黒人ファンク・グル-プ「Ingram」ファミリ-全面協力で作成された名曲です



驚異のベ-スを聴かせてくれるリ-ダ-”Butch Ingram ”と共にお届けします



本日は現代音楽の鬼才”Arthur Russell”、ブラック音楽界と”NY. アンダーグラウンド音楽シーン”・・・・”Francois K”のリミックス・・・の見事な融合



US盤 12inchの「Francois K Remix」でお聴きください




本日の救出品 12inch
皆さん大好きシリ-ズ 第1171弾
Dinosaur L / Go Bang #5 (US 12` Francois K Remix) 81
Dinosaur L ‎– Go Bang! 02
 

2. Dinosaur Lの経歴


アイオワで51年に生まれた、N,Y.アンダ-グラウンドの雄、現代音楽の鬼才、燦然と輝く偉大な才能のチェロ奏者、プロデュ-サ-”Arthur Russell”、マンハッタン音楽学校と、コロンビア大学で電子音楽について学んだ音楽エリ-トです


ドラッグと仏教に心酔し、ミニマル・ミュージックを演奏、ディスコ音楽を革新、初期のトーキング・ヘッズに参加、ミニマル・ミュージック、アンダーグラウンド・ディスコなど革新的分野の音楽を追求します


71年、アメリカの吟遊詩人”Allen Ginsberg”と”Bob Dylan”の71年作、「Jimmy Berman」でチェロ奏者としてデビュ-、70年代後期から”Dinosaur”,”Loose Joints”,”Felix,”Lola”,”Necessaries”,”The Flying Hearts”,”Turbo Sporty”,”Bright & Early”のグル-プ活動や”Dinosaur L”,”Indian Ocean”,”Killer Whale”の変名プロジェクトで活動 


また、作曲家”Steve Reich”、”Philip Glass”、詩人”Allen Ginsberg”とのジョイントで「実験的音楽」を追求、音楽ジャンルを超越した”Arthur Russell”でしか為し得ない音楽を創造していきました
    

3. US盤 12inch Francois K. Remix



Dinosaur L ‎– Go Bang! 01

現代音楽の鬼才、燦然と輝く偉大な才能のチェロ奏者、プロデュ-サ-”Arthur Russell”のプロジェクト「Dinosaur L」の81年作、ブラック音楽界と”NY. アンダーグラウンド音楽シーン”の見事な融合、素晴らしい作品のリリ-スです


演奏は「メジャ-ソウル・ファンク界」から”Butch Ingram (B)” ,”Timmy Ingram (Conas)”,”John Ingram (Drms)”,”William Ingram (G)”,”Jimmy Ingram (Key)”と卓越した演奏技術を誇るグル-プ「Ingram」


N.Y.地下シーンの名物サックス奏者”Peter Gordon”、ポスト・クラシカルの源流、黒いスティーヴ・ライヒといわれる”Julius Eastman (Key)”など・・・・まさにジャンルレスな強者が集合して、壮絶な演奏が繰り広げられます


本日ご紹介するのは「US盤 オリジナル・12inch」です。AB両目共にアルバム「24→24 Music」とは異なり”François Kevorkian”が超絶なるリミックス処理をした「Francois K Remix」としてプロユ-スにアレンジされています

Dinosaur L ‎– Go Bang! 02
    

4. Go Bang #5


81年オンタイム、最初に聴いたときは落雷に打たれた衝撃を感じました。もちろん毎時間ヘビロテした衝撃作です。ファンクと現代音楽の融合、鬼気迫る凄まじい演奏が繰り広げられます
Dinosaur L ‎/ Go Bang #5


 

5. Clean On Your Bean #1


カップリングB面です。こちらもアルバム「3分34秒」から「6分40秒」へ”François Kevorkian”が超絶なるリミックス処理をした「Francois K Remix」としてプロユ-スにアレンジされています

Dinosaur L ‎– Clean On Your Bean 01Dinosaur L ‎– Clean On Your Bean 02

卓越した演奏技術を誇る「Ingram」”Butch Ingram ”のベ-スのイントロからヤられます。その後の展開はまさに音のマジックです
Dinosaur L - Clean On Your Bean #1


オンタイムにこの曲をセレクトしていたら、DJの後輩やお客さまから、「この曲のジャンルは?」とよく質問を受けました。


この音楽に関しては「音楽ジャンルのこだわり」など無用のものと感じます。演奏メンバ-は肌の色もジャンルも混濁、ちっぽけな知識や既成概念が見事に破壊されます。”Arthur Russell”の偉大な才能に敬服いたします
   

6. リンク「Loose Joints/‎Pop Your Funk」


プレイヤ-クレジットがなく、不明だった演奏者の謎を、私が解明しました


日本初公開、黒人音楽史に重要な、衝撃の事実を、公開します
Loose Joints / ‎Pop Your Funk (Message from Butch Ingram)



「Ingram Brothers」の司令塔”Butch Ingram (B)”から、ブログ読者の皆さまにメッセ-ジが届いています
Loose Joints / ‎Pop Your Funk (Message from Butch Ingram)


これぞ、本物のニュ-ヨ-クファンク!!!!です

Loose Joints ‎Pop Your Funk 03

Loose Joints / Pop Your Funk (US 12`Special Disco Version) 80

本日は、プレイヤ-クレジットがなく、不明だった演奏者の謎を、私が解明しました日本初公開、黒人音楽史に重要な、衝撃の事実を、公開しますN.Y.ディスコ・サウンドの偉大なる才能”Arthur Russell”と、”Steve D'Aquisto”、2人がジョイントした「Loose Joints」の80年デビュ-作、「N.Y.・アンダ-クラウンド・音楽シ-ン」に燦然と輝く名曲です演奏を担当したのは「ソウル・ファンク界」から、”Butch Ingram (B)” ,”Timmy Ingram ...

Loose Joints ‎Pop Your Funk 03

本日は「Dinosaur L」の81年作、衝撃の名作「Go Bang #5」を”US盤 12inch”の「Francois K Remix」でお楽しみください

 

7. リンク「NEW WAVE・カテゴリ-」


「NEW WAVE・カテゴリ-」は現在12タイトルです。是非お立寄り下さいね
S__18923688.jpgS__18923690.jpg01_20200204162825ab6.jpg02_20200204162826b6b.jpg03_20200204162828bdb.jpg04_20200204162829cd9.jpg05_202002041628319e1.jpg06_202002041628321e8.jpg
https://djaki.fc2.net/blog-category-39.html

本日もブログにご訪問ありがとうございます 
Enjoy !! DJ AKI
関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

DJ AKI

Author:DJ AKI
DJ AKI is a former Japanese DJ of the 80’s, I was performing in Osaka most famous discotheques from 1979 to 1985.

I’m also a serious vinyl collector with a collection of over 20,000 records.

This music blog since 2014 on which you can find over 1000 articles added on a daily basis.

You can check out my mixes on my Mixcloud page. DJ AKI is also making apperances in Los Angeles . New York and Brazil FM Radios.

カテゴリ

Ago (5)
War (5)

日本ブログ村


にほんブログ村
にほんブログ村

スポンサ-リンク