SHURE V-15 TypeⅣ - Disco DJ AKI ブログ

SHURE V-15 TypeⅣ

目次 

1. SHURE V-15 TypeⅣ


「AKI Special・ハイファイ用・オーディオ・カートリッジ」に、銘器
「SHURE V-15 TypeⅣ」が2本も加わりました

PVをご覧ください


■発電方式 MM型
■出力電圧 4mV(5cm/sec 1kHz)
■針圧 0.75~1.25g(最適 1.0g) ダイナミックスタビライザー使用時は+0.5g
■再生周波数帯域 10-25,000Hz
■針先 ハイパーエリプチカル
■発売  1978年2月
■販売終了 1985年頃

価格 47,800円

01_201911062250470fd.jpg06_20191106225047d39.jpg

スタイラスは、代用品「Jico」ではなく、2本とも、新品オリジナル・・・・ハイファイ・オ-ディオマニアの方なら感涙の「激レアもの」

次のミックスは「SHURE V-15 TypeⅣ」使用で作成します

02_2019110622520039c.jpg

2. Koike Lines


こちらは、オ-ディオのプロフェショナル「Koike Lines」さんに、メンテナンスと、リ-ド線をオ-ダ-、チュ-ンアップされ、新品以上の完璧な状態です(こちらは次回のブログで特集します)

「Koike Linesさん」はこちらからご覧ください

koikeさんの名言です
koike さん 02
01_20191106230627de1.jpg02_201911062306257d8.jpg03_2019110623062681e.jpg

3. DJ AKIのポリシ-


「Koike Line」さんは、”Hi-Fi・カ-トリッジ”をDJで使うことにビックリしていました。なぜなら・・・・・逆回転、針をエレベ-タを使わず、手で落とす・・・・・回転中のレコ-ドを触る・・・・これは”Hi-Fi・カ-トリッジ”では厳禁


スタイラスが折れたり、ダンパ-が破壊されます。ですから・・・・「Shure M44G」や「Ortfon」などDJカ-トリッジをご使用の方は、”Hi-Fi・カ-トリッジ”でDJ Mixは出来ません。私は「DJ用途」で使いこなすのに、3年はかかりました

03_2019110622520118c.jpg


DJ・現場使用の場合は酷使するため、先日の「Club Move」では、DJの最中「Audio-Technica AT-15EaG」の針先が破壊・・・・・入手不可能で貴重なオリジナル・シバタ針なので(涙)(涙)
 
09_201911062311267a7.jpg

こちらの詳細は、是非リンクでご覧ください

DJ KIMI DJ'S 35TH ANNIVERSARY PARTY 滋賀Club MOVE

DJ KIMI DJ'S 35TH ANNIVERSARY PARTY 2019.10.26(Saturday)滋賀Club MOVEDJ KIMIさん、「DJ・35周年記念」イベントに招かれ、滋賀県大津市の名門「Club MOVE」でDJをしてきましたDJ白石哲也さん、DJヤモチさん、DJしげさん、「Club MOVE」オ-ナ-のK-Sukeさん・・・と、お話も出来て、楽しかったです70年代半ば、大阪・梅田・東通り商店街の名門ディスコ「クレイジ-ホ-ス・パ-ト2」でアフロヘアーとソウル・ファッショ...



今回入手した「SHURE V-15 TypeⅣ」は、一般的に使用されるDJカ-トリッジ「SHURE M44G」の7倍以上の価格がしますが・・・・・・音の違いはプライス以上です


私の持論では、「レコ-ドだから音が良い」というのは暴論だと思います。レコ-ドの溝に刻み込まれた「膨大な情報量の音」を再生するには、相応な機材とプロフェッショナルな知識が必要です


車で例えると、最高級スポ-ツカ-である「フェラ-リ」のポテンシャルを最大限発揮するには、「サ-キット」と「プロドライバ-のテクニック」が不可欠です

IMG_0355.jpg

なぜ、カ-トリッジにこだわるのか・・・・・・答えは明瞭、簡潔です


「直接レコ-ドに触れる、ファ-ストステップ」だからです。レコ-ドの溝から最大限の情報を引き出さないと、他の機材にお金をかけても無駄だと、私は考えています


そこで、通常の”DJ・カ-トリッジ”では望めない、”Hi-Fi・カ-トリッジ”の最高級な音質を「自分のDJスタイル」にするため・・・・・針折れなどリスクを負っても音質追求するのです

IMG_2694 3

4、DJ AKI リッピング機材 


DJ AKI リッピング機材 
(リッピングに際してはイコライジングは一切していません)

ヘッドシェル : Audio-Technica MG-10
カ-トリッジ : Audio-Technica AT160ML (再生周波数 5-35kHz) 、AT-15Sa (再生周波数 5-50kHz) 、 SHURE V-15 TypeⅣ
リ-ド線   ; Koike Lines、極太オ-ダ-メイド・カスタム、ロ-ゼンクラン、大吟醸リード、プロケーブル、Ortofon / LW-800S

ミキサ-    :VESTAX PMC 55 (周波数特性:20~30kHz)
タ-ンテ-ブル:Technics SL1200 Mark 3
DTMプロ用・サウンドカ-ド:Waveterminal 192x (XLR・キャノン接続)、「88.200Hz / 24Bit」にて取り込み「Soundforge Pro」にて録音

IMG_1144.jpgIMG_1136.jpg


次回、ブログでは「Koike Line」さんと、DJとして「Hi-Fi・オ-ディオ音質」追求では”第一人者”であり、私も勉強させていただいている「DJヤモチさん」の特集をします。ご期待くださいね

76178374_532644443960101_3770616282387316736_n.jpg75317269_1424938824336840_7349011380751564800_n.jpg

私、「DJ AKI」カテゴリ-です。是非リンク先もよろしくお願いします



本日もブログにご訪問ありがとうございます
Enjoy!! DJ AKI

関連記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

プロフィール

DJ AKI

Author:DJ AKI
DJ AKI is a former Japanese DJ of the 80’s, I was performing in Osaka most famous discotheques from 1979 to 1985.

I’m also a serious vinyl collector with a collection of over 20,000 records.

This music blog since 2014 on which you can find over 1000 articles added on a daily basis.

You can check out my mixes on my Mixcloud page. DJ AKI is also making apperances in Los Angeles . New York and Brazil FM Radios.

カテゴリ

Ago (5)
War (5)

日本ブログ村


にほんブログ村
にほんブログ村

スポンサ-リンク